つまりから起こる排水管の水漏れ

日常生活の水のトラブルの代表的な一例である、排水管の水漏れですがその状態が起きてしまう原因というのはケースによってそれぞれです。このトラブルを引き起こさないためには、その原因とはどのようなものがあるのかをしっかりと知っておくことが大切です。複数ある水漏れ原因の中でもよく聞かれるのが排水管のつまりによって引き起こされるものです。排水管がつまりを起こしてしまう仕組みについても理解を深めておくと良いでしょう。

■蓄積する汚れ

排水管といえば、管の外観を見ることはできますがなかなか管の中の状態を見るということは難しいですし、日常生活の中で見てみようと行動を起こす場所ではありません。そのため、なかなか気づきにくいものです。しかし、私たちは日常生活の中で水回りを色んな使用方法で使用します。そのため、汚れを洗い流したり洗剤などを使用するなどしていくことによって、徐々にそれを外に排出している排水管の中に汚れが蓄積していきます。その蓄積によって、徐々に水が通るスペースが狭まっていきます。それに気づかずに徐々に蓄積がされていくことによって、最終的には水の通り道がなくなってしまうので、つまりを起こすというトラブルが発生してしまいます。

■どうやって気づく?

排水管の中を見るのは難しいので、気づくのが遅れてしまいがちですが、いくつかのポイントをしっておけば完全に詰まってしまう前に気づくことも可能です。そのポイントというのが臭いと水の流れです。管の中でなんらかのものが蓄積されていれば、長時間同じ場所に汚れが留まることによってそれが腐りいつもとは異なる悪臭がしてしまうことも多くあります。また、汚れの蓄積が進むといつもよりも水の流れが悪く感じてしまうこともあるでしょう。いつもとは違う悪臭がする時や水が流れるのが遅いと感じてしまうようなパターンの変化を感じた場合には排水管が詰まっていると疑い確認をすることが大切です。

■まとめ
水を使用する場所でどうしても起こってしまいがちなのが排水管のつまりです。なかなか気づくのが遅れてしまいがちですが、重要なのはつまりきってしまうまえに気づくということです。つまってしまうことによって起こる初期の兆候を見逃さず、もしも怪しいと思った場合は、自分で確認できる場合は確認をし、確認が難しい場合には専門の業者に見てもらうなどの手段を取って水漏れなどの被害を受けないようにしていくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ